No Risk High Return

クライミング、サイクリング、ランニングで出会った瞬間をメモってます

金剛山 もみじ谷に行きました

世間ではGWの最終日になる5/9(日)金剛山のもみじ谷に行きました


ルート
河南町-R309-水越峠-ダイトレ-カヤンボ-モミジ谷-金剛山山頂-往復


記録
朝6時ごろ出発して、R309の気温は15度とベストコンディション


さくさくと水越峠の入り口に到着


緊急事態宣言中なので車ガラガラかと思いきや、青崩の路肩は駐車場所もないぐらいの大混雑
ウワサによると千早の村営駐車場が閉鎖されているらしいので、その影響でこっちに流れているのかもしれない


水越の駐車場も閉鎖されているので、そのぶん路駐が増える


こんなん許していいの?許すんやったら駐車場開けたら??
と思うのだが、、、


なんか聞くところによると、国の指示で電車が減便になり、
その影響で残った電車が密になってるとか・・・
この国はいつからこんなアホになったのか?


まぁ通勤電車にも路駐にも僕は無縁なので、どうでもいいです


水越峠到着して写真も撮らずにダイトレトレース

f:id:jpiso6:20210514171548j:image
金剛の水のところでようやく休憩


その少し上部の藪にゴリモンとデポする荷物を隠してモミジ谷へGO!

f:id:jpiso6:20210514171604j:image

ここを右へ


モミジ谷は初めてです
以前、モミジ谷から降りてきたという泥だらけのクライマーに会ったことがあるのでそれなりの沢だと思っていましたが、全線完全に一般道でした
これならゴリモン連れてこれたな

f:id:jpiso6:20210514171645j:image

清らかな森

 

f:id:jpiso6:20210514171714j:image
途中、ニリンソウが咲き乱れる群生地を通過しました
道の両側に白いお花畑の広がるアニメのような幻想的な場所


なんじゃこれ~!
アニメか!


と呟きつつ歩いていると、ちょっとした奇跡が起こりました


僕の前方5mほどのところ、ちょうど登山道の進行方向に巨大なヤマドリが降り立ったのです
ヤマドリと今は特定していますが、それは帰宅してから調べてわかっただけで、そのときはなんの鳥かわからずでした
見た目はナゴヤコーチンの尻尾を長くしたような風貌
全長は1mぐらいになるんじゃないでしょうか?


そんな巨大な鳥がすぐ目の前に降り立って僕は驚愕しました
おそるおそる近づきましたが、まったく逃げるそぶりを見せません
僕との距離は2mほどになりました

f:id:jpiso6:20210514171738j:image
するとその鳥は、こっちをチラっと見てからまるで「ついてこい」と言わんばかりに登山道を登り始めました
まるで村上春樹の小説の冒頭のシーンのよう


このままハードボイルドワンダーランドに行くのか俺は?


鳥について歩きながら僕はしだいに
「こいつはなにかの使者にちがいない」
と思い始めました


そして鳥が伝えようとしているメッセージを読み取ろうと鳥の目を見つめました


しかしその目は何も語っていませんでした

f:id:jpiso6:20210514171800j:image
体感では鳥に数分ついて歩いたと思います
道が右にカーブしていくところで鳥は直進していきましたが最後まで僕を見ていました


あいつは何を言いたかったんだろう?
と数日経った今もふと考えます

f:id:jpiso6:20210514171816j:image
不思議な鳥と分かれてしばらくするとダイトレ合流し、葛木神社まではすぐです
広場でしばしコロナが蔓延する大阪平野を眺め、もと来た道をもどりました

f:id:jpiso6:20210514171827j:image
金剛の水のところでラーメンを食べ、持ってきたコーヒーミルで挽いた豆でコーヒーを淹れ、
至福のひと時を堪能して家に帰りました

 

なんかいいことが起こりそうな週末でした

アルケミスト を読みました

 

会社の子から借りた、ブラジル人作家パウロ・コエーリョの「アルケミスト」を読みました。

81ヶ国語に訳され、全世界で8,500万部売れたという伝説的小説だそうですが、はずかしながら存在を知りませんでした。

 

ちなみにアルケミストとは錬金術師のこと。

 

少年サンチャゴが夢の啓示にしたがって旅をし、旅の中で出会った人や、存在から宇宙の真理を学んでいく、というはなし。

 

スピリチュアル、というものに僕はけっこう警戒心を抱く人間なのですが、この本は頭にビシバシ入ってきました。

 

森羅万象は魂でつながっていて、彼らとつながれば自分もその環の一部になれる。

そしてすべてが可能になる。

という主張。

 

キリスト教イスラム教に関係する記述が多いですが、仏教にも通じるものがあると思いました。

特に密教

 

以下、感想と好きな表現

 

感想

この世の中のすべてのものには魂が宿っていて、もし自分に聞く能力があってちゃんと耳を傾ければその魂の声が聞こえるはず

 

たとえばこのパソコンにも、パソコン魂と彼が話している言葉があるはずで、耳を澄ますとちゃんと聞こえるはず

聞こえないのは自分にはパソコンの声を聞く能力がないから

 

きのうの夜暗くなってから、散歩に行くといって外に出て懐中電灯も持たずに近所の森の中を歩いてみた

そしたらなんとなく森の魂と森の声みたいなものは感じられた

感じられたのは自分には森の魂を感じる能力があるから

森は「いらっしゃい。ゆっくりしていって。」と言っていた。と思う

 

自分自身にもとうぜん魂がある。

自分の魂は自分の頭とは別人格なので、魂の声にしっかり耳を傾けなければ聞こえない

自分はそれをちゃんと聞こうとしてきたか?

 

印象的なことば

「おまえが何かを望む時には、宇宙全体が協力して、それを実現するために助けてくれるのだよ」

魂たちはみんな知り合いなので、真剣に望めば彼らは協力して自分に力をかしてくれる

望みがかなわないときは、望み方がたりなくて魂たちが動いてくれないから

 

「幸福の秘密とは、世界のすべてのすばらしさを味わい、しかもスプーンの油のことをわすれないことだよ」

自分の願望を満たすだけでは幸福になれない。ちゃんとすべきこともして初めて幸福になれる

どっちかを選ぶのではなく、どっちもゲットが幸福の真髄

 

「自分にとって戦争はのろいだと思っていた。しかし今、それが神の恵みだとわかったんだ。戦争のおかげで君に会えたのだから」

戦争でさえも、その魂は話せるヤツなので戦争君と仲良くなれたら協力してくれる

 

 

 

 

 

東条山に登りました

春は、あ、というまに過ぎ行きます。

 

遊ぶならいまのうち。


ない時間の合間をぬって東条山という金剛山の枝山に登りました。


ルート

河南町-千早-金剛山RW道-千早林道-東条山-道迷い-千早集落

 

記録
金剛山には何度も来ていますが、ちょっと離れたところにあるこの東条山に登るのは初めてです。


まずは金剛山RW道を登りますロードバイクに乗ってたころは、なんとか後ろから来る人に抜かされまいと鬼の形相で漕いでいましたが、今はその必要はなくなりました。

おかげで自転車に乗るのが楽しくなってほんとよかった。

宗旨替えも時には必要です。

 

f:id:jpiso6:20210416171701j:image

新千早トンネル

 

f:id:jpiso6:20210416171716j:image

大混雑のマス釣り場

 

f:id:jpiso6:20210416171800j:image
ここから千早林道

 

f:id:jpiso6:20210416171823j:image

ここ登ると千早峠


1kmほど登ると東条山に登る分岐が登場しますが、作業林道が何本もあるうえになんの標識もないのでどれが本物かわかりにくい

 

f:id:jpiso6:20210416171856j:image
ここを右だと思いましたがまちがえました引き返して

 

f:id:jpiso6:20210416171920j:image
ここを右


稜線に上がると自然林になります

 

f:id:jpiso6:20210416172125j:image
東条山頂上

 

f:id:jpiso6:20210416172220j:image
完全に山道ですな自転車で来るところじゃないです


稜線沿いを進みます

 

f:id:jpiso6:20210416172311j:image
三頭三角点「千早」


ここまではよかったのですが、ここからルートを外して稜線からかなり東に逸れてしまいました

 

f:id:jpiso6:20210416172333j:image
気づいたときには後戻りできない場所まで・・・
仕方なく、このまま藪を漕いで千早にくだることにしました


人工林とはいえ、かなりブッシュがはびこっています傾斜も急で、くだりなのにいっぱいいっぱいになりました

 

f:id:jpiso6:20210416172354j:image
どろだらけで民家の裏に脱出

 

f:id:jpiso6:20210416172409j:image
いやはやえらい目にあったー
でも楽しかったです

 

f:id:jpiso6:20210416172426j:image

千早のお地蔵さんたち


ゴリモンいつもありがとう!


f:id:jpiso6:20210416172524j:image

帰ってからBBQ

松尾越え 矢田道

4/5月曜日

平日ですが、長男の入学式と入寮のための引越しのため、休みをもらって松尾山を越えて学校まで行ってきました

 

ルート

河南町→田尻峠→香芝→竜田川→椿井→白石畑→松尾山→矢田寺→奈良高専

 

奈良盆地は西を生駒山、東を春日山に囲まれた窪地ですが、生駒山の東側に一段低い丘陵山地があります。

それが松尾山を擁する矢田丘陵。

 

大和には北から南まで普く大寺がありますが、ボスキャラ的な法隆寺東大寺興福寺薬師寺が今で言うニューヨークやパリだとして、ちょっと変わったヘルシンキとかコペンハーゲンとかブリスベンみたいな、ちょっとマイナーだけど「my temple」になりうる手の届くお寺にお参りしたいクラスターというのがあって、河内に住む善男善女の中で、そういうちょっと変わったのが好き、という人たちに人気があったのが矢田丘陵の麓にある矢田寺、松尾寺のだったんじゃないかと勝手に想像します。

彼らは信貴越えや越智越えや立石越えなど、生駒山地に無数にあるルートで生駒を越えたあと、いったん斑鳩平群へ降りて、そこからこんどは高尾山を越えて、矢田松尾にやってきました。

到着したころにはやれやれ、という気持ちだったでしょう。

 

記録

河内の河南町からは太子町を過ぎて田尻峠を越えて香芝に入ります。

この田尻峠はここら辺りではもっとも低地を越えるので、自転車で越えるのも他の峠と比べると格段にラクチンです。

 

香芝に入ると、交通量が多い市街地を走らなくてはならずしばらく我慢です

香芝から王寺町を越え、大和川を渡るとそこは斑鳩

もうしばらく市街地を走ると「ちはやふる」で有名な竜田川にぶつかります。

川沿いを左に北上し平群に入ったところが古道の入り口

f:id:jpiso6:20210414173414j:image

竜田川沿いの平群のお地蔵さん
f:id:jpiso6:20210414173417j:image

平群の立派な道標

 

平等寺の裏から登るのが本来の松尾越えの古道ですが、今回は時間があまりないので、アスファルトの巻き道を使いました。

この巻き道の途中には、筒井順慶の部下であり、そののち関ケ原西軍の大将となった島左近の居城だった椿井城跡があるはずですが、坂登りではぁはぁ言っている間に通り過ぎてしまいました。

f:id:jpiso6:20210414173521j:image

白石畑の池


f:id:jpiso6:20210414173524j:image

本来の矢田道 下ると竜田川駅


f:id:jpiso6:20210414173527j:image

この細道を行くと平群駅

 

坂を登りきったところに出てくるのが、丘の上の村「白石畑」。

のどかな村です。

f:id:jpiso6:20210414173627j:image

枯れてしまった御神木?

 

白石畑を過ぎて車道を少し走ると、松尾寺に行く雰囲気満点の道が出てきました。

ようやく古道らしくなってきました。

f:id:jpiso6:20210414173708j:image
f:id:jpiso6:20210414173704j:image

 

この、松尾寺と矢田寺をめぐる古道は、矢田丘陵の稜線を南北に貫く道をメインにして、東西から無数の名もない山道(っていうか私が知らんだけか?)が交差するとても賑やかな古道です。

f:id:jpiso6:20210414173806j:image

白石畑から古道に突入するとさっそく、右から左から道が現れます。

いったいこの道は誰が通り、どこに行くんだろうか?

f:id:jpiso6:20210414173836j:image
f:id:jpiso6:20210414173840j:image
f:id:jpiso6:20210414173843j:image

なだらかな登りを1kmほど進むと、なんとなく小高い丘を西から巻くような感じになりすぐに峠に到着。

 

峠を東にくだると松尾寺ですが、時間がないので稜線を進むことにしました。

石のごつごつした道を少し進むとNHKの建物が現れます。

まさかその建物が頂上だとは知らず、そのまま通過してしまいました。

だから山頂写真はなし

f:id:jpiso6:20210414173926j:image

100mほど下ると丘陵を縦走するメインロードに到着。

北上して矢田寺を目指します。

f:id:jpiso6:20210414173942j:image

このメインロードは最近、MTBツーリングに積極的に利用されているようです

f:id:jpiso6:20210414174006j:image

左へ行くと平群谷にくだる道

f:id:jpiso6:20210414174022j:image

展望台

f:id:jpiso6:20210414174048j:image

展望台を過ぎてしばらくすると矢田寺にくだる道が現れました

階段がちのこの道をくだります

f:id:jpiso6:20210414174059j:image

小さな谷を渡ります

f:id:jpiso6:20210414174123j:image

車道に到着

f:id:jpiso6:20210414174145j:image

車道を北に300mほど走ると本堂横から矢田寺に横から到着。

f:id:jpiso6:20210414174205j:image

高野山真言宗のお寺で本尊は地蔵菩薩

境内に植えられた約1万株のあじさいで有名なお寺です。

創建は6 76年、天武天皇によるもの。

f:id:jpiso6:20210414174334j:image

境内にもたくさんのお地蔵さんがいらっしゃいました。

f:id:jpiso6:20210414174355j:image
f:id:jpiso6:20210414174351j:image

山門の方にくだります。

f:id:jpiso6:20210414174401j:image

門の外にも立派なお地蔵さん

f:id:jpiso6:20210414174422j:image

山門を出ると、わが長男が春から通う学校まですぐでした

 

想像ができない を見ました

ヒマにまかせてアマプラビデオの旅

 

「想像ができない」という映画を見ました

f:id:jpiso6:20210411135222j:image

京都の町を舞台に、京都文化の中で生きる呉服屋の娘と、その娘の店の経営コンサルタントであるオーストラリア人ハーフの男性が織り成す恋愛映画

 

登場人物全員が、棒読みで中途半端に長い台詞をワンカットで撮るので、すごい奇妙な空気が全編を通して流れています。

登場する女性も男性もこういっては失礼だが、素人に毛が生えたような、というか素人なんちゃうか?っていうぐらいの曖昧なルックスと演技力

狙ってこれをやってんならすごいわ

一言で言うと、川瀬直美作品をもっとダラダラした感じにした映画

 

まったく期待していませんでしたが、奇妙な空気感がツボッて最後まできっちり見てしまいましたわ

何者 を見ました

アマゾンプライムビデオの海を漂っていて「何者」という映画を見つけたので見てみました

f:id:jpiso6:20210407081735j:image

結論をまずいうと、むちゃくちゃおもしろかったです

この前の時間帯で「神の月」というクソしょうもないダメ映画を見てしまったので、リカバリー感がハンパなかったです

 

就活中の6人の大学生が苦しみながら就活を戦っていく様を題材にした映画

 

主演は佐藤健という俳優です

僕は初めて見たのですが、僕に(見た目が)そっくりで驚愕してしまいました

そのことを妻に言うと「ぜんぜん似てない」とのこと

いや似てるやろー!

いやいやいや、ぜんぜん似てへんし

 

まぁそれはそれとして

 

自分が就活してたときのことを思い出しました

内定がぜんぜん出なくて、ある日鏡に写った自分の顔が情けなくて泣いてもうた記憶があります

あれは1998年のことで、求人倍率が過去最低を毎年更新していく最後のころです

いま思うと戦時中のような趣がありますね

 

登場人物の一人が「内定をもらうと、自分をまるごと肯定されたような気になる」と述べていたのが印象的でした

僕も、内定をもらえなくて、まいにちまいにち自分をまるごと否定されているような気になっていました

 

周りに内定が出て行く中で、主人公と、友人の一人は内定がもらえず、だんだん追い詰められていきます

主人公は、ツイッターで屈曲したストレスを発散させようとしますが、そのアカウントが友達にバレて、、、、

 

最後はホラー映画のような怖さを感じました

誰も死んでないし、銃もナイフも出てこないのにね

 

怖さってこうやって表現させるもんだよね~

 

と思いました

 

内定が出る出ないと、人間の価値にはなんの相関もないのに、それを揺るがすぐらいの衝撃力が就活にはあります

神の月 を見ました

さいきん、不倫に興味があるので検索バーに「不倫映画」と入れてアマゾンプライムで検索したところ、「神の月」という宮沢りえが主演の映画が出てきたので、妻と一緒に鑑賞しました。

f:id:jpiso6:20210407081625j:image

結果だけいうと、ひどい映画でした

 

世の中には、

ストーリーは悪いけど、映像が美しい映画

とか

映像が古臭いけど、設定がおもしろい映画

とか

チープな作りだけど、人物描写のすばらしい映画

とかはありますが、

 

この映画は、

ストーリーがチープでつまんない上に、演技も臭いし、バブル期という時代設定のため見た目もさむい、といいところが一つもないどうしょうもないクソ映画でした

宮沢りえが美人OL設定なのですが、そもそもそれもやや苦しいです

 

僕は、途中で見切りをつけて横目で見ながら確定申告を始めましたが、妻は最後が気になったらしく、かいがいしく最後まで見てから「なんじゃこの映画―――!」と怒り散らかしていました

 

こんなひどい映画なのにアマゾンレビューは3/5ぐらいついていました。

人の好みはそれぞれなんですねー

 

ちなみに、

つまんない映画は最後まで見たら時間もそれだけ無駄になります

 

途中まで見てしまった時間がもったいなくて最後まで見てしまいがちですが、それは「サンクコスト」といって『もったいないから止められないことを理由にして、さらにもったいないことをしてしまう心理である』、と行動経済学で説明されています

 

しょうもないことはとっとと止めましょう!